うつ病で生活に不安があるなら傷病手当を申請しよう

サイトメニュー

うつに関するトリビア

聴診器

うつ病に関する捉え方は国で異なる

この日本でも使われているアメリカの精神障害の診断や治療ガイドラインである「DSM-Ⅳ」というものが最近DSM-5というものに大幅に改訂されたのです。最後のDSM-5では、気分障害というカテゴリーはなくなり、「双極性障害」と「うつ病性障害(抑うつ障害群)」といったものは全くの別の病気として区別して分類されているのですこの日本でもこれから授業の分類方法を変化していく可能性があります。これとは別に、現在の日本で行われているうつ病の治療方法について把握してみましょう。

認知行動療法とは?

現在の日本で行われているうつ病の治療方法の1つが「認知行動療法」です。認知行動療法とは、物事に対する心の受け止め方をストレスをかかりにくい考え方や心の持ち方に修正するといこの認知行動療法というものは、うつ病の症状が回復した後にも継続することによって、うつ病の症状は再発の防止につながるのです。例えば、会社の上司に叱られたとしても、またいつもの雷だな、といったように軽く受け流してしまうこともできるような人もいれば、毎回直接的に受け止めてしまい深く落ち込んでしまうような人もいます。同じような出来事であっても、その出来事に対しての考え方や、そこで起こる感情は人によって違うものです。このような物事の捉え方や味方ということを認知というものです。一般的なうつ病の症状を発症している人は、このような物事を否定的に捉えやすい人が多いのです。そのため、そのようなうつ病の症状を発症している人が気分が落ち込みやすくなる自分はダメな人間だ、などと自己否定しまう傾向にあるのです。また、その他にももっと分のやったことが100点満点でなければ、そのやったことが失敗をとかこれから未来に良いことは何ひとつもないといったような極端な考え方をするのもうつ病の症状のひとつでもあります。このような考え方の癖や偏った考え方をしていることに自分自身を築くことによって、できるだけ様々な物事からのストレスを受けにくいバランスの良い捉え方に修正していこうとする治療法が認知行動療法というものです。

認知行動療法は保険適用で受けられることが多い

クリニックや治療方針、または個人の症状によりますが多くの場合、認知行動療法は保険適用で受けられます。高度な治療であっても、傷病手当や保険等で出費をカバーすることが可能になっています。うつ病や精神病を患うと、日常的な生活もままならず働くことが困難になるケースも少なくありません。このような場合はまず、国や自治体などで行っている援助や補助金、サービスに申し込み負担や不安を軽減しましょう。傷病手当もその中の1つにあたります。傷病手当を申請するには受給資格があるか確認する必要があります。詳しい説明を聞きたい場合は、住まいの市町村役場の納税課または福祉課等で聞いてみましょう。傷病手当で出費の負担を軽減し健康を取り戻すことが、社会復帰への一歩となるでしょう。