うつ病で生活に不安があるなら傷病手当を申請しよう

サイトメニュー

うつ病の入院・治療

医者と看護師

入院は悪いことではない!

女性がうつ病になった場合、家族のための食事の用意や選択、および子供の世話などが気になってしまい、ゆっくり休むことができない人が多々存在します。そのようなときには病院に入院するというようなことも選択肢の1つなのです。患者に対して抗うつ剤の効果が表れ、うつ病の症状を緩和して精神的に安定するまでの間入院をすることによって、何もしなくてもよい環境を作るということもうつ病の症状の緩和をするためには大切な選択肢でもあるのです。

女性のうつはホルモンとも関係する

抑うつ的な気分が主な症状として現れる種類のうつ病です。この鬱病性障害というものには、いわゆる典型的な鬱病人以外にも軽い抑うつ気分が長期間続いたり、女性であれば生理前のみに抑うつ気分が現れるという月経前深い気分障害といったようなものがあります。このほかにも双極性障害といったようなものがあります。この双極性障害というものは、抑鬱気分とその反対に極端に気分が高揚したいわゆる「躁状態」の両極端の症状を発症するタイプのうつ病のことをいいます。このタイプのうつ病は、典型的なうつ病の症状とは矛盾してしまいような2つの症状を発症する特殊なタイプのうつ病も存在します。例えば、典型的なうつ病の症状では、何があっても気分が晴れる事は無いのですが、喜ばしい事があると気分が良くなるタイプもあります。これは典型的でないという意味で非定型うつ病とも呼ばれています。また、女性の場合出産後などに発症する発症時期に特徴のあるうつ病も存在します。このようなうつ病の診断基準や分類方法は現時点でも大きく変わってきているのです。

家事や育児のサポート

家事や育児のサポートが得られず症状が悪化するうつもあります。家族だけでサポートが難しい場合は、行政や自治体、NPO団体等が設けているサービスを利用しましょう。サポート事態は無料・有料と内容が異なるのですが、国からの助成金は資格さえあれば受給できます。例えば、傷病手当はうつ病も対象になっているので、必要書類を揃え申請することで支給されます。傷病手当は怪我や病気で働けなくなった人が、給与をもらえない間に補填的役割をしてくれる補助金です。傷病手当に関する手続きは住まいの市町村役場で確認しましょう。傷病手当だけで不安な場合は、他の制度も平行して利用できるか問い合わせてみましょう。