うつ病で生活に不安があるなら傷病手当を申請しよう

サイトメニュー

認知行動療法とうつ病

ハート

認知行動療法

認知行動療や面接、カウンセリングは1週間から2週間に1度程度のサイクルで患者の状態を診ていきます。ですから、自宅で自分自身で行う課題などがなされる場合もあります。医師の指導で認知行動療法を受ける場合には健康保険は適用することができます。また自分で認知行動療法を行うことによってうつ病の症状を改善するためにはは市販の認知行動療法に関する書籍やインターネットなどを活用するような方法がありますので、心療内科などのクリニックなどで診察を受けることに抵抗がある方は、このような書籍やインターネットの認知行動療法のツールを活用してみるのも良いでしょう。

抗うつ薬の種類

認知行動療以外の治療方法では、「抗うつ薬」を使用していきます。抗うつ薬は総称であり、その種類は数十、数百の種類があります。どの薬との相性がよいか実際に服用して様子を観察していきます。うつ病の症状を改善するために薬物療法を行う際に、まず最初に選択される抗うつ剤としては一つはSSRIという抗うつ剤によく使われるのですがこのSSRIという抗うつ剤はうつ病を発症している患者さんの場合には弱くなっていると言われているセロトニンの働きを強める作用がある抗うつ剤なのですこれは脳の細胞神経にセロトニンがサイドにされてしまうのを抑制することによってセロトニンを増やし、という働きがあるわけです。この抗うつ剤にはセロトニン以外の神経伝達物質に対してはほとんど影響を与えないところが長所でもあるのです。次にSNRIという抗うつ剤をうつ病の症状は改善のために使われることが多いのですが、これはSSRIと同様にセロトニンとノルアドレナリンの量を増加する作用があり、うつ病の症状を抑制する効果としてはほぼSSRIと同じくらいで副作用も少ないといわれている抗鬱剤です。

傷病手当で治療費軽減

うつの治療にはある程度のお金も必要です。保険を支払っているなら、三割負担程度ですが何かも通院すると高額な出費になることも予想されます。休職中、または離職中だと数百円の出費でさえ不安になるでしょう。そこで利用して欲しいのが傷病手当です。傷病手当は、怪我や病気で給与をもらえない間に支払われる国からの補助金です。傷病手当は誰でも受け取る資格がありますが、条件を満たしているかどうか調べる必要があります。また、傷病手当の手続きには必要書類の提出も必要です。また、傷病手当の申請を行ったからといってすぐに受給できるというわけでもありません。傷病手当の受給を考えているなら、一度住まいの市町村役場を訪れ詳しい詳細を聞いてみましょう。