うつ病で生活に不安があるなら傷病手当を申請しよう

サイトメニュー

うつ病と生活向上

眼精疲労

「NaSSA」とは?

うつ病の治療に「NaSSA」という抗うつ剤を使われることがありますが、これはルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤と言われるもっとも、最新の抗うつ剤なのです。また、最も古くから活用されている抗鬱剤が「三環系抗鬱剤」であり、セロトニンとノルアドレナリンのは強める作用があるのです。この三環系抗鬱剤を使うと、うつ病の症状は治療の効果は高くてにするのですが、重大な副作用が現れることもあります。そのため、このような三環系の抗鬱剤は重いうつ病の症状がある患者さんであっても、入院中に処方されるのが一般的だと言われています。

薬以外にも目を向ける

うつ病の専門的な治療はプロに任せ、日頃の生活はできるだけ自分で改善するように心がけてみましょう。大掛かりな行いは必要ないのですが、衣食住を見直し生活の質を向上し精神的な豊かさを維持しましょう。例えば、食事はバランスよく摂取し、脳内物質によいトリプトファンを含む食材をおかずに含むなど一工夫凝らしてみましょう。何故なら、血中のトリプトファン濃度が上がると、うつ傾向が改善されると確認されているからです。トリプトファンは1日に6000㎎以下に抑える必要がありますが、ちょっとおかずに加えるぐらいなら数値に問題はないでしょう。牛・豚などの赤身肉やレバー、ナチュラルチーズや乳製品、または魚介類のカツオ・マグロなどがおすすめです。これらの食材はスーパーやコンビニでも入手しやすいので、毎日無理のない程度摂取してみましょう。

傷病手当が治療の鍵!

うつ病を根本から治療するには、周囲の協力と金銭的な援助が必要です。そのため、国では傷病手当という制度を設けています。傷病手当は怪我や病気で給与を得ることが出来ない場合、給与の何%かを補填してくれる補助金となっています。基本的に、就業についている人物であり、保険を収めていれば受給資格があるとみなされます。ただ、傷病手当の受給にはいくつかの確認事項があるため、住まいの市町村役場に問い合わせ書類の提出等を行いましょう。傷病手当について分からない場合は、専門窓口を訪ねてみましょう。