うつ病で生活に不安があるなら傷病手当を申請しよう

サイトメニュー

家族がうつ病になった場合

悩んでる人

家族がうつ病

現在の日本では、4人に1人、3人に1人とも言われる確率でうつ病患者が存在します。つまり、会社や家族、友人内に誰かしらうつ病を患っている可能性はあります。また、本人が自覚せず唐突にうつ病の症状を爆発させることもあります。うつ病患者の多くは責任感が強く、真面目で控えめな性格であるためギリギリまでストレスを我慢する傾向が強くみられます。しかし、他人からは本人がストレスを感じていることなど分からないため、「頑張れ」「気合だ」などと口走ってしまうことになるのです。うつ病を発症するまでに共通した兆候が見られることがあります。例えば、時間にルーズになったり集中力の低下が著しくあらわれたりします。また、朝起きる際にだるさや頭痛、腹痛を訴える傾向もあります。もしも、いつもと様子が違うと感じた場合、それがうつなのかどうなのか関係なく「休息」を入れるように促してください。また、衣食住が充実しているかさり気なく確認し、できるだけサポートするように気遣ってあげましょう。

サポートは必要だが、家族が疲弊することはない!

時に、うつ病と併発してパニック障害や子供帰りなどの症状で家族事態も混乱することがあるでしょう。うつ病の症状は個人によって頃なるため、投薬や数回のカウンセリングで済む人もいますし、何年も入退院を繰り返す人もいます。後者の場合、症状が回復するのか不安が募りやすく、サポートを行っている家族まで疲弊してしまいます。しかし、サポートする家族が疲弊しては元も子もありません。また、うつの克服にはサポートが必要ですが、個々の人生や生活も守る必要があります。ですから、家族間でのサポートでは限界だと感じた場合は、無理をせず行政や民間のサービスや傷病手当、障害年金を利用しましょう。特に、軽度や初期のうつ病の場合は傷病手当を受給し金銭的な負担を軽減しましょう。傷病手当に関する詳細を確認するば場合、市町村で取得する書類や医師からの診断書が必要でしょう。傷病手当の受給はすぐにおりないため、あらかじめ準備を行い抜けや漏れがないように申請しましょう。傷病手当や障害年金は患者本人だけでなく、家族の存在も支えてくれる大事な補助金です。賢く利用し、安心安全な社会復帰を目指しましょう。